さまざまな方法のビジネスについて onlinewatchcenter.com

ビジネスに関する様々な情報


さまざまな方法のビジネスについて
トップ » ビジネス

投稿

サイト情報

ビジネスにおける翻訳の専門性と人材

ビジネスの翻訳には言語のエキスパートであるだけではなく、その分野における専門家であることが必要です。例えば技術系の翻訳には、その道の専門家があたることが多いです。日本人の小説家が海外の文芸作品を手がけることは大いにあるでしょうが、その小説家が遺伝子工学の分野を手がけるというのは普通は無謀です。ビジネスという言葉が指し示す範囲は広いので、そのような専門性がそこに係るかは一概に述べることはできません。従って慣用的な部分においてはおそらく語学力が高い人であれば問題はなさそうですが、先端技術になればなるほどその分野のエキスパートが手がけるべき案件となるでしょう。日本語訳が必要になる場合は、専門性が高くなればなるほど少数の決まった人材への依存度が高くなると考えられます。

ビジネスはWebマーケティングで

マーケティングというと最新のビジネスモデルを考えがちですが、実は昔からあったものです。今も昔も変わらないのは、この概念が端的にいって「売れるための仕組み作り」にあることです。とはいえ大昔とインターネットが使える今日とでは手法上の違いはあります。近年盛んにいわれるのはAISASの法則です。注目する(Attention)・関心を持つ(Interest)・検索する(Search)・購入する(Action)・満足度を共有する(Share)です。この法則では、何らかのきっかけで目にした商品に興味を持ち、インターネットで検索して調べてみたら面白そうだったので購入した、そしてその満足度を口コミとしてネット上に書き込む、というものです。ビジネスは今Webマーケティングで展開されています。

ビジネスにおける資格取得等の学校

株価は良くなったと言え、まだまだ不透明な景気を背景にしてか、資格取得の動きは根強いです。特に一時期はMBA等の取得の学校が流行りましたが、宅建、行政書士等の学校の人気は根強いです。またビジネスにおけるスキルアップをはかるため、○○検定等、自身の業務に直結するような資格をとる方も非常に多いです。予備校としては、ビジネスにおける検定の方が負荷が低く、講師も集めやすいため、検定に注力すると予備校が比重は大きいです。逆に資格試験となるとハードルが上がってしまうのか、なかなか昔から簿記だったり、司法試験だったりが専門だった予備校が派生して講座を開いていることが多いです。今後も資格取得、検定合格のための予備校は進化しつづけるでしょう。