絶対に見つかる求人情報について onlinewatchcenter.com

かしこい求人情報の見つけ方とは
絶対に見つかる求人情報について

トップ » 学校

投稿

サイト情報

学校の設立にあたっての留意点について

学校の設立と少子化の関係が見直されている昨今、果たしてこれ以上の校数を必要としているかは疑問である。また、学部の乱立は、学生の要望に基づくものかといえば決してそうではなく、ウケの良さを優先させた人数集めに流れているところがある。今こそ基本に立ち返って、基本教育を徹底して伝授することにより、将来社会に出たときに、派生するさまざまな分野へ進む応用力を養っておくべきである。ひとつの分野に秀でた知識、技量では、社会に出たときに困るのは学生本人である。世に送り出す学校側としては、体裁だけを整える中途半端な人間形成にとどまらずに、人としてあるべき姿を作り上げて行くことに専念すべきである。設立に当たってそのことさえ守られていれば、学生はおのずと集まり、高尚な学びの館が形成される。

学校を掃除することの大切さについて

学校掃除について、面倒くさい、または大変だというイメージを持つ方は多いでしょう。確かに清掃は大変です。特にトイレは匂いなどが酷く、敬遠されがちです。しかし、学校掃除には、2つの意義があります。ここでは、その意義についてお話しします。まず1つは、清掃を通して清潔感の大切さを生徒や児童に学ばせることです。常に生活場所を綺麗にする意識を身につければ、日常生活を清潔にしようとすることに繋がります。また、幼い児童にとっては、汚い物が何かを学ぶ場所にもなります。もう一つは、清掃を通して協調性や社会性を身につけることです。校舎の清掃はどこであれ、一人ではできない作業です。その作業を全員でこなすことで、生徒は互いに協力することを学ぶことができます。

現在学校にある定義は必要なのか

現在高校の学校案内を見ると変わった単語がでてきます。昼間定時制、広域通信制などです。これは高校としての定義でいうと、あり得ない単語です。昼間定時制の高校の説明会に行くと、校庭が狭いため全日制の扱いにはならないので昼間定時制という扱いにしているようです。しかし全日制の高校として許可は得ているのです。なので卒業も全日制と変わりはありません。また広域通信制の高校も校庭の問題で全日制の扱いは得ることが出来ず、通信課程の高校でもあるので広域通信制になるのです。この高校もまた全日制の高校として許可は得ているので、全日制の高校と同じ扱いになります。このような単語がでてくるのは学校としての定義でいうと、全日制にはならないということです。このような扱いは必要なのでしょうか。疑問を感じる単語でした。